HOME    INFORMATION    WORKS   PROJECT   PROFILE    INTERIR    MODEL   WEEKLY PHOTO    MAIL



LDK・収納・和室・コート・階段・キッチンなどのアイディアが詰まった快適空間を拡大写真で見られます。
メーカーハウス等の住宅では見る事の出来ない快適空間の詳細は写真又はタイトルをクリックしてください。

一覧 / 詳細
Case56 UP Case57UP Case58 UP Case59 UP

Case51 Case52 Case53 Case54 Case55

Case46 Case47 Case48 Case49 Case50 

Case41 Case42 Case43 Case44 Case45

Case 36 Case 37 Case38  Case39 Case40 

Case 31 Case 32 Case 33 Case 34 Case 35

Case 26 Case 27 Case 28 Case 29 Case 30

Case 21 Case 22 Case 23 Case 24 Case 25

Case 16 Case 17 Case 18 Case 19 Case 20

Case 11 Case 12 Case 13 Case 14 Case 15

Case 06 Case 07 Case 08 Case 09 Case 10

Case 01 Case 02 Case 03 Case 04 Case 05




                                  インテリアから考えるアイディア豊富な住空間

住まいづくりには機能的側面と空間的側面(インテリア)の2つの要素を満たす必要があります。機能的側面は住宅の動線計画や構造強度、断熱性能、遮音性能、などのいわゆる性能表示や品質管理に関するものです。数学的な解析により客観的な数字で表示できるので、建物のコストやグレードに合わせてメーカーハウスさんや輸入住宅メーカーさんなどでも充分に対応できます。でも、これだけでは快適な生活をおくるためには不十分なのです。

 一方、空間的なおもしろさや楽しさ・インテリアなどを住まいにイメージすることはライフスタイルに関わる基本的なファクターです。住まいの基本ともなるライフスタイルをどう考えるかで、快適な日常生活を送ることが可能になります。
  メーカーハウスや輸入住宅等では製品性能の開発・改善はするものの、ライフスタイルから生活空間にアプローチすることは難しいようです。一般的で標準的な住宅をつくることはできても楽しく快適な空間作りは難しいのではないでしょうか。住まいにとって製品性能を確保することは必要にして最小の条件ですが、もう1ランク上の住まいを求めるにはいかにライフスタイルに合った住空間をつくるかが大切になってきます。

ライフスタイルを形創る屋内インテリアは表面的で装飾的ないわゆるハリボテ風インテリアではなく、建築と造作家具・キッチン・階段・照明などが総合的に融合する空間になります。装飾的な置き家具、カーテン、工芸的照明器具などのインテリアを用いてヴィクトリア風・カントリー風・ロマネスク風・ロココ調などの様式的なインテリアで飾り立てるのは安っぽいキッチュなものに見えてしまいます。ライフスタイルに合ったインテリアは建築が家具化するケースや家具が建築化するケースが考えられます。造作収納やキッチンが家具から建築の一部分に変化することも少なくありません。インテリアから住空間を考えることはけっして簡単なことではありませんが、オリジナル性が高い快適な生活をおくるための重要な方法論の一つです。




一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight  @2002-2020  hirokazu   shimada  architect & associates  all  right  reserved.