敷地 : 栃木県佐野市
敷地面積           258.84 u ( 78.29坪)
1階床面積           68.73 u ( 20.79坪)
2階床面積           51.34 u ( 15.53坪)
延床床面積         120.07 u ( 36.32坪)
構造 : 木造2階建

屋根 : ガルバリウム鋼板立てハゼ葺
外壁 : ラスモルタル下地ジョリパット吹付け、サイディング吹付け
設計・監理 : 島田博一建築設計室





          敷地は東側・南側道路の角地に位置します。幹線道路から離れた閑静な
          住宅街の中にあり前面道路は小学校へ通う通学路になっています。
          この通学路は早朝の通行量が多く、また西側・北側には隣家が建っている
          ので外部からのプライバシー確保が必要になっています。


          建物外観は1階と2階のそれぞれのL型ボックスを組み合わせた幾何学的な
          形態となっています。1階・2階のL型ボックスをずらして重ねることに
          より、ピロティ・コート・オーバーハング・ボイド・テラス等の重要な
          ファクターが発生し立体的な空間構成になります。ピロティゲート奥には
          シンボルツリーを設けたコート(中庭)が見えます。


          建物は1階コートと2階テラスを屋外階段でつないだ接地性の高い立体
          コートハウスです。リビングと個室で囲まれたコートは南側道路側の
          ツインカーボ壁と上空から入ってくる明るい太陽光で照らされます。
          2階個室とつながったテラスは1階コートから屋外階段で直接アクセスす
          ることで、コートの延長部分として連続した動線となり単なるサービス
          テラスとしてではなくコートの立体化となって多目的な屋外空間に
          なります。


          コートに面したLDKは吹抜け・ラセン階段を設け、上下階のサーキュ
          レーションを良好にするとともにダイナミックな明るい空間としました。
          また、薪ストーブを設けることで全室内空間の暖房効率を高めることと、
          家族団らんの空間として生活の中心部分となるように構成しました。






一級建築士事務所  島田博一建築設計室
copylight  @2002-2016  hirokazu  shimada  architect & associates all right reserved.