敷地 : 群馬県館林市
敷地面積          321.41 u ( 97.22坪)
1階床面積         61.90 u ( 18.72坪)
2階床面積         50.85 u ( 15.38坪)
延床床面積       112.75 u ( 34.10坪)
構造 : 木造2階建

屋根 : ガルバリウム鋼板立てハゼ葺
外壁 : ガルバリウム鋼板
     サイディングの上エナメル塗装
設計・監理 : 島田博一建築設計室





       敷地は市街化調整区域の中にあり、周りは畑と空地に囲われ
           日照や通風に恵まれた環境です。片流れとフラットルーフの
           ボックスをL型に組合わせ、この囲われた空地部分に庭を挿入する
           ことで、住宅内にできるだけ自然の豊かさと季節感を取り入れることが
           コンセプトの一つとなっています。1階は庭を取り囲むようにLDKと
           和室を配し、LDKの延長としてウッドデッキを設けました。
           LDKは座卓形式の団欒スペースとなっており、玄関土間スペースと
           連続した広がりのある空間となっています。土間空間に設けたラセン
           階段は上下をつなぐ機能的な動線とともに、住宅内のどこからでも
           見ることのできるシンボル的な存在となっています。





一級建築士事務所  島田博一建築設計室
copylight  @2002-2011  hirokazu  shimada  architect & associates all right reserved.