敷地 : 群馬県館林市
敷地面積         213.47 u ( 64.49坪)
1階床面積        44.71 u ( 13.50坪)
2階床面積        43.06 u ( 13.00坪)
延床床面積        87.77 u ( 26.50坪)
構造 : 木造2階建

屋根 : ガルバリウム鋼板立てハゼ葺
外壁 : サイディングの上弾性エナメル吹付け
設計・監理 : 島田博一建築設計室





        箱型・片流れ屋根スタイルのシンプルな形態の住宅です。
         母屋の東南側に隣接して建つために、2世帯家族のコミュニ
         ケーションを考慮し、開口部を中央の庭に面するように設け
         建物は西向きの配置としました。1階はLDKとサニタリー
         スペースを設け、2階は主寝室と子供室で構成しました。
         LDKは玄関ホール、階段、吹き抜けを取り入れ、1ルームに
         構成したオープンルーム形式とし前庭とつながるような
         ウッドデッキ張りのテラスを設けました。
         また、キッチン、ユーティリティ、洗面所、浴室などの家事
         動線は玄関ホールとLDをつなぐ回廊式動線となっており
         機能性を重視した設計になっています。




一級建築士事務所  島田博一建築設計室
copylight  @2002-2011  hirokazu  shimada  architect & associates all right reserved.