敷地 : 栃木県佐野市
敷地面積          743.32.00 u (224.85坪)
1階床面積         99.37 u ( 30.05坪)
延床床面積         99.37 u ( 30.05坪)
構造 : 木造平屋建

屋根 : ガルバリウム鋼板立てハゼ葺
外壁 : ガルバリウム鋼板角波
設計・監理 : 島田博一建築設計室

施工(有)阿部工務店




          計画地は里山に隣接する雑木林の中です。敷地西側の里山は
           自然の樹木が心地よい環境をつくっており、敷地東側は高台で
           大変眺望が良く、通常の住宅地では味わうことのできない立地条
           件となっています。
           住居形式は透明キューブと不透明キューブの相反する2個の箱を
           組み合わせた平屋構成となっています。透明キューブはリビングと
           オフィスの入ったパブリックスペースとなっており、不透明キュー
           ブはプライベートルームとサニタリースペースで構成しました。
           前面すべてがガラス張りのリビング・オフィスは眺望を楽しむと
           ともに里山の自然をできるだけ内部空間へ取り入れられるように
           5本の柱以外は壁面を設けず全面開口としました。
           また、太陽光を利用したパッシブソーラーを備えたエコハウスと
           なっています。




一級建築士事務所  島田博一建築設計室
copylight  @2002-2011  hirokazu  shimada  architect & associates all right reserved.