設計・監理料

       
■ 設計・監理料
設計・監理業務の報酬規定について、建設省告示第1206号の報酬の基準があります。建築物の用途等によって第1類から第4類まで類別され(別表1)、それぞれの工事費によって報酬料率表が定められています。ところが、現状の一般的報酬に比べて少々割高になってしまいます。
 そこで、当事務所では建設省告示第1206号を参考にして減額補正した報酬料率表を基に報酬額を算定しています。
別表1
. 建築物の用途等 備  考
第1類 工場、車庫、市場、倉庫等 .
第2類 体育館、観覧場、学校、研究所、
庁舎、事務所、駅舎、百貨店、店舗、共同住宅、寄宿舎等
第1類の建築物のうち第2類の建築物に相当する複雑な設計等を必要とするものを含む。
第3類 銀行、美術館、博物館、図書館、公会堂、劇場、映画館、集会場、ナイトクラブ、ホテル、旅館、料理店、放送局、病院、診療所、複合建築物等 第1類又は第2類の建築物のうち第3類の建築物に相当する複雑な設計等を必要とするものを含む。
第4類 1 戸建住宅(一般的な木造戸建住宅を除く。) .
2 一般的な木造戸建住宅 .

※ 減額補正報酬料率表については、お問い合わせください。
■ 戸建住宅.店舗の設計・監理料(新築)(単位万円・消費税別) 建築確認申請だけの簡易なものは除きます  
. 工事費 1,000 1,500 1,800 2,000 2,500 3,000 4,000〜
第4類
1

木造
料率 12% 11% 10% 10% 10% 10% 9%
設計
監理料
120 165 180 200 250 300 360
第4類
1
S造.RC造
料率 18% 14% 13% 13% 13% 13% 12%
設計
監理料
180 210 234 260 325 390 480
※設計・監理料以外に確認申請・完了届に必要な印紙代(40,000円〜68,000円)がかかります。
※開発行為・住宅性能保証制度・フラット35・等の申請は別途費用がかかります。
※SSサウンディング等の地盤調査は別途費用(35,000円〜45,000円)がかかります。
※建設地が遠距離の場合、交通費が別途必要となります。 
※詳細な設計監理料については個別にお問い合わせください。                 
                                                                                                               2010.11改定
                                                                                                               2019.02.改定
■ 戸建住宅.店舗のリノベーション・リフォームの設計監理料(単位万円・消費税別) 
. 工事費 〜30 50 100 300 500 800 1,000
第4類
1

木造
S造.RC造
料率 16% 15% 15% 13% 13% 12% 12%
設計
監理料
4,8 7.5 15 39 65 96 120
※工事費400万円未満で確認申請・完了検査等が必要な場合には50万円の設計監理料となります。
※確認申請・完了届が必要な場合には印紙代(40,000円〜68,000円)が別途かかります。
※S造・RC造の場合には構造設計等が必要になる場合があり、別途費用がかかります。
※既存建物調査がある場合には既存建物調査及び既存図面作成等の費用がかかります。
※工事費が1,000万円を超える場合には新築の料率表が適用になります。
※建設地が遠距離の場合、交通費が別途必要となります。 
※詳細な設計監理料については個別にお問い合わせください。                 
                                                                                                               2019.02設定
 
一級建築士事務所  島田博一建築設計室
copylight @2002-2019  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.