HOUSE−KMI

玄関とリビングにライトコートを設け、自然の光・風・緑を楽しむ事ができる明るい平屋住宅

                         

2018.02

                                                                                                                                                      栃木県佐野市
                                                                                                                                                  設計・監理
島田博一建築設計室
外壁はジョリパット塗り壁とサイディング。三角形のハイサイドライトが特徴の平屋住宅。
 
東側道路から見た外観。リビングコートは通風のためエキスパンドメタル張り。
敷地全体を利用した平屋住宅。玄関手前はカーポートとなっている。
 
北東側から見た外観。前面道路の道路斜線が厳しいため、平屋住宅としている。
玄関の那智石敷込みのライトコート。玄関・サニタリー・ホールへの採光と通風を導く。
   
玄関と隣接するミラー扉の奥はシューズクロゼット。              ライトコートから明るい光が注ぐホール。
三角形のハイサイドライトから柔らかい光が漏れる。南側からの視線はコート外壁で遮断している。
東側道路からの夕景。リビングコートは道路からの目隠しの為シンボルツリーを植える予定。
リビングから見たダイニングキッチン。右側のリビングコートから明るい光が注ぐ。
キッチンキャビネットと壁面収納は造作家具で製作。ダイニングテーブルは移動可能。 
キッチンからリビングコートを見る。吹抜け上部のハイサイドライトから柔らかい光が入る。
 
    ダイニングからタタミスペースと玄関ライトコートを見る。
   
キッチン上部のハイサイドライトは換気ができる。    キッチン天板はステンレスHL仕上げ。
タタミスペースは壁が珪藻土、天井が葦張り、床は縁なしタタミ仕上げ。吊押入扉は民芸紙張り。
ライトアップしたリビング夕景。ライティングレール使用の可動スポットライトで照明計画をしている。
リビングからキッチンとコートを見る。キッチンは床色と同色になるようにデザインしている。
キッチンとダイニングテーブルはスポットライトで照らされて明るい。コート外壁でプライバシーを確保している。
 
リビング上部は屋根勾配を利用した吹抜けなので開放感がある。キッチンキャビネット前面は収納。
ダイニングからキッチンと玄関ライトコートを見る。
LDK全景とリビングコート。コート右側はリビングに接した個室。
キッチンから玄関ライトコートを見る。キッチンはアイランド形式なので使用しやすい。
 
玄関ドアは機能性を考慮してオリジナルのピーラー製吊戸。  個室から見たリビングコート、濡れ縁を設けている。
建築概要
所在地     栃木県佐野市 構造    木造1階建
主要用途     専用住宅 竣工    2018年2月
敷地条件    第1種中高層住居専用地域 敷地面積  177.66u( 53.74坪)
道路幅員    東側・北側 4m 1階床面積  108.42u( 32.79坪)
設計者       島田博一建築設計室 延床床面積 108.42u( 32.79坪)
施工者         (有) 阿部工務店 
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2019  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.