HOUSE−IYS

大庇付の玄関スロープを設け、親子世帯を中央コートで接続させたシンプル形態の2世帯住宅

                         

2016.02

                                                                                                                                                      栃木県佐野市
                                                                                                                                                  設計・監理
島田博一建築設計室
ガルバリウム鋼板立ハゼ葺きの西側外観。大庇付きの玄関スロープ入口がある。
   
2つの黒箱とスロープの組み合わせがわかる外観。
          南側は全面開口とし、窓前面にはセランガンバツ張りの縁側(濡れ縁)を設けた。
   
バリアフリーのスロープ。                                                 玄関からスロープ入口を見る。
   
東西の箱を繋ぐために建物中央へウッドデッキ張りのコートを設ける。正面は玄関ホール。
セランガンバツ張りのコート。東西の箱と玄関から出入りができる。
南西側から外観夜景を見る。2つの箱とスロープ部分が照明で浮かび上がる。
大庇は細いスチール柱で支えている。防風用スロープ腰部分はコンクリート打ち放し仕上げ。
西側からスロープ部分夜景を見る。スロープ両側には手摺を設けている。 
玄関ホールとコートを見る。左側はシューズクロゼット兼物入の収納ボックス。
    玄関ホールからLDK入口(格子引込戸)とコートを見る。
吹抜けのLDKから玄関ホールを見る。右側ダイニングカウンターの下部は収納になっている。
キッチンキャビネットはオリジナルデザイン。面材はピーラーOF仕上げ。
キッチンからリビング・ダイニングを見る。開口部からコートが見える。
LDKから2階へ上る階段を見る。階段ホール上部には可動式のトップライトを設けた。
  
階段踊り場からダイニング方向を見る。                                              階段ホールを見上げる。
バリアフリーの親個室。サニタリー(浴室・トイレ・洗面所)とロフト付きとなっている。
親個室は玄関ホールとコートに面している。南側開口部前には縁側がある。
すべての機能がコンパクトにまとめられた親個室。壁面収納はTVが納まる。
右側は玄関ホール。個室へは3枚引戸なので有効開口が広く確保でき、車椅子でも余裕でOK。
   
左側からサニタリー、玄関ホール、コートを見る。
玄関ホールとコートを介して子世帯と繋がる。
キッチンは親個室から玄関ホールを通りすぐの所にある。ダイニングカウンターで車椅子での食事が可能。
子世帯のLDKと個室。LDKと個室は可動間仕切りで分割できる。
照明が点灯した玄関ホール。コートが夕涼みのスペースになる。
玄関のボックス収納。シューズクロゼットと物入れを兼用。格子戸は壁内へ引き込める。
建築概要
所在地     栃木県佐野市 構造    木造2階建
主要用途     専用住宅(2世帯住宅)  竣工    2016年2月
敷地条件    第1種住居地域 敷地面積  858.49u( 259.69坪)
道路幅員    西側 4m 1階床面積  105.99u( 32.06坪)
設計者       島田博一建築設計室 2階床面積   54.65u( 16.53坪)
施工者         (有) 阿部工務店  延床床面積 160.64u( 48.59坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2018  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.