Hair Salon−ST

古材丸太梁が露出するノスタルジックな美容室とオープンな吹抜の住居空間を持つ併用住宅

                         

2015.05

                                                                                                                                                      茨城県古河市
                                                                                                                                                  設計・監理
島田博一建築設計室
北側前面道路から見た夕景外観。ランダムな大小の窓と井桁格子が特徴となっている。
   
美容室は大きなガラス面を設け開放的な空間にしている。右側ドアは住居用入口。
          間接照明が井桁格子をライトアップしている。ガラス面は美容室入口と待合。
井桁格子はノスタルジックな木組みのメタファーとして表現。外壁は白いサイディング。
   
古材丸太梁が露出する美容室。南側は全面ガラスとなっており裏庭と繋がる。
東側壁面は小窓がランダムに設けられている。壁面上部は間接照明でライティング。
床はコンクリートワックス仕上げ、壁はラーチ合板にオスモカラー(ホワイト)塗布。
 シャンプーコーナーは天井の化粧根太・化粧梁を露出して天井高さを高くしている。
カウンターブースと住居部分は繋がっている。 カウンターキャビネットはすでに使用していたものを移設。
    2階住居部分のLDK.。屋根勾配を利用した吹抜けになっている。
床はパイン縁甲板張り、壁・天井は構造用ラーチ合板張り、化粧梁は米松。
キッチン上部はロフトになっている。造作家具で製作したオリジナルキッチンは設備配管を露出させている。
LDK上部のハイサイドライトから明るい光が入る。化粧梁は米松とし壁の構造用ラーチ合板と質感を合わせている。
寝室床はタタミ敷き。壁・天井は構造用ラーチ合板仕上げ。パーテーションでLDKと分割可能。
LDKは屋根勾配を利用した吹抜けなので開放的な空間になっている。
キッチンからLDK・テラスを見る。南側開口部から新緑が良く見える。
LDKの照明はダウンライト・スポットライトを主に使用し、白熱球タイプの色温度でまとめている。
キッチン脇にはPCができるユーティリティコーナーを設けている。
   
リビングと繋がった主寝室とデッキ材張りのテラス。
キッチンは家具工事で製作し、シンク面はステンレスHL仕上げとしている。食洗器とIHヒーターを組込んでいる。
   
キッチンシンク面はダイニングから見えない。                                                 2階住居部分への階段。
 
子供室からLDKを見る。勾配天井のダイナミックなLDK空間。
キッチン上部のロフト。物入れに使用し、梯子で昇降する。
ロフト窓から下部のLDKへ光が入る。正面は屋上テラス屋根。
建築概要
所在地     茨城県古河市 構造    木造2階建
主要用途     店舗併用住宅(美容室)  竣工    2015年05月
敷地条件    第1種住居地域 敷地面積  151.65u( 45.87坪)
道路幅員    北側 8.7m 1階床面積   56.31u( 17.03坪)
設計者       島田博一建築設計室 2階床面積   55.48u( 16.78坪)
施工者         山中建設工業株式会社  延床床面積 111.79u( 33.81坪)
店舗床面積  42.23u( 12.77坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2016  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.