HOUSE- ISS

列柱とキューブ形態で構成し、吹抜けの玄関アトリウムを中心にLDKと個室を分離した住宅     

                         

2015.10

                                                                                                                                                      栃木県佐野市
                                                                                                                                                  設計・監理
島田博一建築設計室
正面から見た外観。ジョリパット塗壁の箱と列柱で構成した形態。
大庇を支える列柱とバルコニーは部材寸法を小さく細くするためスチール製とした。
   
前面道路南東部から見る。敷地西側は庭の植栽部分、東側は駐車スペース。
          西側から見る外観。西側外壁面はラムダサイディング、南側外壁はジョリパット塗壁。
南側前面道路から見たエントランスアプローチ・外観。塀はコンクリート吹付け仕上げ。
   
南側外観夕景。室内照明はLED白熱球タイプの柔らかい灯りとしている。
   
スチール製のバルコニーと列柱。                                    玄関ポーチの床は御影石張り。
2個のキューブを組み合せた形態。大きい箱に小さい箱が貫入している。
玄関アトリウムは正面ガラス前に階段、右手はアクリル製パーテーションのLDK。
吹抜けの玄関アトリウムは床が大理石張り、壁が珪藻土塗り仕上げ。
    LDKのアクリル製パーテーションは玄関アトリウムの柔らかい自然光を入れる。
オリジナルデザインのスチール階段はオブジェのイメージ。
白熱球タイプのLED照明はアトリウム空間を優しく包み込む。階段が床に反射する。
LDKの壁面収納にすべての家電製品・空調・仏壇を納める。
ダイニングテーブルからリビング・テラスを見る。床は無垢ホワイトアッシュ材。
LDKは天井の一部を吹抜けとしトップライトを設置。ソファはニューヨーク近代美術館所蔵のマラルンガソファ。
                キッチンと壁面収納はオリジナルデザイン。食器の他にレンジ・炊飯器・冷蔵庫などが納まる。      
   
キッチンはトップライトからの光が入り明るい。
キッチンと繋がったマーブルのダイニングテーブル。
間接照明を組み込んだTV壁面収納とキッチン。
    
エアコングリル下には仏壇が納まっている。扉は収納内部に納まる。
白熱球LEDでライトアップしたダイニングキッチン。パーテーションを外すと玄関アトリウムと繋がる。
和室は市松模様のタタミ敷き、天井はピーラー縁甲板、壁は珪藻土仕上げ。
収納扉は高さ2,400oのピーラー縦格子扉。TV・エアコンもこの中に納まる。
天井を通すためにランマなしとし吊り鴨居にする。間仕切り扉は縦格子収納内に納まる。
2階個室は広いテラスと繋がっている。可動式収納を設置。
   
ロフトと可動式収納付きの個室。                                       開放感のある階段。
 
開放感のあるブリッジ。                                             階段から和室入口を見る。
建築概要
所在地    栃木県佐野市 構造    木造2階建
家族構成  一家族 竣工    2015年10月
敷地条件  第1種中高層住居専用地域 敷地面積  628.10u(190.00坪)
道路幅員  南側・東側 6m 1階床面積  122.69u( 37.11坪)
設計者       島田博一建築設計室 2階床面積   73.70u( 22.29坪)
施工者        (有) 阿部工務店  延床床面積 196.39u( 59.40坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2016  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.