HOUSE- STN

建物4面をすべて壁で囲い、センターコートから光・風・熱を確保した回廊式動線のコートハウス     

                                                                   

2013.02

                                                                                                                                                                                  栃木県下都賀郡野木町
設計・監理
島田博一建築設計室
北側正面のガルバリウム鋼板張り外観。シンプルな立方体形態と1枚壁・スクリーンで構成した外観。
エントランス部分のスクリーンがアクセントになっている。スクリーン奥はサービステラスとなっている。         
   正面外観の夕景。(外構工事途中撮影)
  
                  ポリカーボネイトのスクリーン                                              エントランスの米松縁甲板ドア
セランガン・バツのウッドデッキを張ったセンターコート。近隣からの視線を遮るために外壁は高めになっている。
   
                       2階サービステラス(物干し)                                                        植栽前のコート
コート廻りはLDK・サニタリー・個室を回廊形式に配置している。
ダイニングからコート・植栽を見る。ダイニングテーブル・ベンチは既製品。
玄関ホールからコートを見る。コート廻りをすべてガラスにしているので一体感がある。
LDKからコートを見る。LDKは床パイン縁甲板、壁・天井ともラワン合板張り仕上げ。
2階個室からコートを見下ろす。四方が囲われたコート。
コートのセランガン・バツ張りウッドデッキ。コート内も近隣からの視線が気にならない。
キッチンからコート側を見る。オープンキッチンの手元はキャビネットを高くして収納にしている。
LDKとコートは透明感のあるガラスで仕切っているため連続性がある。
    キッチンのキャビネットは壁と同じラワン合板張り。キッチン奥行きはテーブル幅に合せている。
階段からLDKを見る。光と風が入るコートとLDKが一体となった寛ぎの空間。
   
               階段の壁・天井もラワン合板仕上げ。                                        回廊形式のコートに面した廊下。
コートに面した個室。空間の連続性を出すため床パイン縁甲板、壁・天井仕上げはラワン合板張り。
2階階段ホール。横スリット窓から換気を行う。
玄関ホールからダイニングを見る。(コートは植栽前)
調度品をセットした落ち着いたリビング。右側壁裏が2階個室への階段となっている。
建築概要
所在地    栃木県下都賀郡野木町 構造     木造2階建
家族構成  夫婦+子供1人 竣工     2013年03月
敷地条件  第1種低層住居専用地域 敷地面積   204.85u( 61.07坪)
道路幅員  南側 6m 1階床面積    68.04u( 20.58坪)
設計者     島田博一建築設計室 2階床面積    31.88u(  9.64坪)
施工者       上藤建設株式会社  延床床面積   99.92u( 30.22坪)
 一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2015  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.