HOUSE- YH

1階にビルトインガレージを設け、日照・眺望の良好な2階へLDKを設けた住宅

                                                 

2013.03
                                                                                                                                                群馬県館林市
                                                                                                                                                                                                                                                                               設計・監理
島田博一建築設計室
シンプルな直方体で構成した外観。ガルバリウム鋼板の外壁にスリットを入れている。
敷地は角地なので建物全景が見える。西側に玄関ポーチ、北側はガレージ入口となっている
北側外壁は前面道路からの防音・視線遮断のためにブラックのサイディングとしている
北側道路から入るビルトインガレージ。ガレージ奥は南面の前庭となっている。
     
                          玄関ホールからの階段                                               階段のスリット窓
タタミスペースからリビングダイニングを見る
ワークスペースからダイニングを見下ろす
リビングは化粧梁・ラーチ合板の天井とパイン縁甲板の床仕上げ
リビングからダイニング、キッチンを見る。キッチンのリブ腰壁は家具工事にて製作。
ダイニングからタタミスペース、ワークスペースを見る
階段踊り場のトップライトとワークスペースのポリカーボ製FIX窓
ダイニングからワークスペースを見る。カウンターデスクが見える。
リビングからタタミスペース、ワークスペースを見る。タタミスペース床下は収納になっている。
オープンキッチンはIHヒーターとシンク部分が2列分離型となっている
     
          オリジナル設計の円形座卓                           リビングは円形座卓を中心としてレイアウト
キッチンからリビングを見る。リビングとタタミスペースはつながっている。
     
         キッチンキャビネットは家具工事                               ワークスペースのカウンターデスク

   ・ 敷地は市街地の幹線道路から一本裏通りに入った住宅地です。幹線道路には街の
      中心部を構成するさまざまな店舗が建ち並び日常生活に活気を与えてくれます。
      敷地は北側と西側に6m道路が通り、南側と東側に隣家が建っています。
      道路幅員が広く角地ということもあり、敷地全体は圧迫感がなく非常に開放的な
      環境になっています。
   ・ 北側・西側道路からの景観を考慮して建物の形をシンプルな箱の構成としました。
      大小2個の箱で構成した形態はシンボリックな力強さとわかりやすい形を目指し
      ました。外壁を構成するガルバリウム鋼板とサイディング平板とのコラージュと
      しても成立するような形態です。また、角地の利点を生かし玄関アクセスと
      車庫の出入り口は分離することで明快な動線となっています。

   ・ 南側隣家が隣接しているため敷地内1階部分の日照条件に悪影響がでてくる可能
      性があり、より良好な住環境を確保するため2階LDK・1階ビルトイン車庫の
      形式を採用しました。生活空間の多くを占めるリビングダイニング・キッチン・
      子供室・和室を陽当たりや通風の良い2階とし、冬場の陽当たりのあまり良くな
      い1階部分をビルトイン車庫・サニタリー・物置・主寝室にしました。

     ・  2階パブリックスペースは予算面を考慮し床面積をできるだけ増やさずにコンパ
      クトな居住空間を構成し、LDKと和室・子供室・ワークスペースにそれぞれ
      200mm400mmの床レベル差を設けることで空間の分節と連続性の両面性を備えた
      変化と開放感のある空間になっています。LDKは和室の扉を壁に引き込むこと
      でファミリールームのような何でもできる連続したくつろぎ空間になります。
                                                       
建築概要
所在地    群馬県館林市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供1人 竣工    2013年03月
敷地条件  第1種中高層住居専用地域 敷地面積  188.39u( 56.98坪)
道路幅員  北側 9m、西側  6m 1階床面積  51.75u( 15.65坪)
設計者     島田博一建築設計室 2階床面積   51.75u( 15.65坪)
施工者       河本工業株式会社  延床床面積 103.50u( 31.30坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2013  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.