HOUSE- SY

開放的な日常空間と趣味空間を中央コートで南北に分離した機能的コートハウス    

                                                 

2009.04
                                                                                                                                        群馬県邑楽郡千代田町
                                                                                                                        設計・監理
島田博一建築設計室
縁側のある門型ボックスの縁甲板張り外観
 
                  コート                                           機能で前後に分離した2個のボックス
外観夕景。ランマから内部の明かりが漏れる。  
趣味空間と日常空間に挟まれたコート
   
深い軒とコンクリート縁側が特徴の外観                    2階テラスからポーチを見る
    
AVルームからコートを見る             玄関は間接照明とランマからの光が入る
趣味空間のAVルームは化粧丸太現しで杉板OS壁面とパイン縁甲板の床材
キッチンからリビング収納を見る。右側の黒い壁面はすべて収納。
     
  リビング吹抜け。2階壁面は折戸の面一納まり。              2階ブリッジからリビングを見下ろす
    
 ブリッジからワークスペースを見る                                 リビング収納とコート      
開放的な吹抜けのLDKからコートを見る
 
セブンチェアのダイニング。階段下と列柱間の黒扉内は収納。
コートとリビング夜景
リビングからキッチンと階段を見る
     
              コートからリビング階段を見る                     キッチン廻り収納はすべて造作家具
   
間接照明を設けた壁面収納                                玄関ホールは化粧丸太の小屋組
         敷地は古くからの住宅街の中にあり、一部の地域は区画整理が進行しています。
         敷地西側は畑、北側・東側は隣家、南側は4m前面道路です。道路向かいの家屋からの
         圧迫感を少なくするため建物レイアウトは前面道路からセットバックしできるだけ北側に
         配し、前面には駐車スペースと前庭の空地スペースを設けています。

         建物は南北に2個の門型ボックス、中央にコート(中庭)を並置したコートハウスです。
         大小2個の門型ボックスの間には採光・通風・プライバシー確保のためにコート(中庭)を
         設け、南側ボックスの趣味空間と北側ボックスの日常空間を分離しています。
         北側の2階建てボックスには日常生活空間のLDK・水廻り(サニタリー)・個室を設け、
         南側の平屋ボックスは趣味室とAVルームのくつろぎ空間となっています。平屋ボックスは
         正面の門型フレームにランマFIXガラス付きパイン縁甲板壁を設け木質感を演出しています。

         内部は構造用丸太梁を露出させ2室空間の天井を連続させることで開放感をだしています。
         2階建てボックスはLDKの一部分を吹き抜けとした明るいダイナミックな空間になっており、
         また、コートとつながりLDK空間を拡張するとともに隣家からのプライバシーを確保してい
         ます。
建築概要
所在地      群馬県邑楽郡千代田町 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供2人 竣工    2009年4月
敷地条件  第一種中高層住居専用地域 敷地面積  351.66u(106.37坪)
道路幅員  南側 4m 1階床面積  99.22u( 30.01坪)
設計者        島田博一建築設計室 2階床面積  46.37u( 14.02坪)
施工者       杉嵜建築  延床床面積 145.59u( 44.04坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.