HOUSE- IT

曲面屋根・シリンダー形状の形態とリビングテラスで構成した都市型コートハウス

                                                      

1998.12
                                                                                                                                            栃木県小山市
                                                                                                                    設計・監理
島田博一建築設計室
  ☆ ガルバリウム鋼板とラムダサイディングの外観
 
     コート夜景                  西側道路からの外観
 リビングと繋がったウッドデッキコート
   
     階段踊り場からリビングを見る              2階ホールからリビングを見下ろす
OSB板のオリジナル収納を設けたリビングダイニング
   
                      玄関ホール                                                ライトアップされたコート夜景 
   
                      曲面天井のロフト付寝室            キッチンからリビングを見る
吹抜けのリビングダイニングからウッドデッキ張りのコートを見る
   
      デザインした押入れの和室               トップライトで明るい浴室・洗面所
              掲載誌    ニューハウス 2000.4月号
                  New HOUSE 2001.11月号
                             現代住宅 2002 カレンダー                                          ☆印 撮影 /ニューハウス出版(株)           
  • 建物の外観は、全体をシルバーメタリックの鈍い光沢とし、幾何学的で単純な形態の集合としました。曲面屋根・シリンダー形状の形態はランドマークとしての機能を備えます。
  • 周辺環境からプライバシーを確保するため、建物外周部は壁で閉ざし、中央部を庭(コート)とするいわゆるコートハウス形式をとっています。コートの採用により自然光、風、緑…などの自然を生活の中に取り入れることが容易になり、四季の変化を身近に感じることが出来ます
  • 建物を構成する外壁、屋根、床、壁、天井、…等にメンテナンスフリーの建材、コストパフォーマンスの良い工業化建材を使用することでローコスト化をはかっています。
建築概要
所在地    栃木県小山市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供2人 竣工    1998年12月
敷地条件  第一種中高層住居専用地域 敷地面積  178.82u(54.09坪)
道路幅員  南側 6m 1階床面積  69.56u(21.04坪)
設計者        島田博一建築設計室 2階床面積  49.68u(15.03坪)
施工者        (株)増田工務店 延床床面積 119.24u(36.07坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.