HOUSE- IMT

前庭に向かって開放的なリビングとデッキ張りの軒下空間を持つキューブな住宅      

                                                   

2009.03
                                                                                                                                        群馬県舘林市
                                                                                                          設計・監理
島田博一建築設計室
ガルバリウム鋼板角波・ジョリパット・エキスパンドメタルの外壁
 
                                                                       ウッドデッキ張りのテラスとバルコニー                          
L型に開放したリビングから庭を眺める
     
        ニッチを設けた玄関                                     開放的なリビングと階段  
リビングからの夕景
化粧ラーチ製の家具のような階段
   
            化粧ラーチ製の家具のような階段                       セランガン・バツのウッドデッキ材張りのテラス 
     
      玄関ホール                    リビングから玄関と階段を見る
  
      カウンター付きの2階アルコープ               ダイニングから階段を見る
 
               シンプルで機能的なキッチン                           2階アルコープから階段を見る      
     
               南側テラスのウッドデッキとコンクリート塀                                  吹抜け天井のシーリングファン   
   
          箱型・白い外壁・片流れ屋根スタイルのシンプルな形態の住宅です。
          親の敷地内の一画に建ち、親子世帯のコミュニケーションを考慮し中央の前庭に面して
          玄関と開口部を設けました。ウッドデッキと2階テラスの外壁はブラック色を施しています。

          親子世帯は独立した住居ですが、前庭と建物のウッドデッキ張りテラスを介してお互いの
          コミュニケーションをとることができます。テラスは深い軒下空間となっているのでオープン
          カフェのようなアウトドアリビングとしても楽しむことができます。

          1階はLDKとサニタリースペース(浴室・洗面所・トイレ)を設け、2階は主寝室と子供室・
          テラスで構成しました。LDKは玄関ホール・階段を取りいれ、さらに吹き抜けを介して
          2階アルコープも取り入れたオープンスペース形式とし、前庭とつながるようなウッドデッキ
          張りのテラスを設けることで空間の拡張を狙っています。

          また、キッチン、ユーティリティ、洗面所、浴室などの家事動線は玄関ホールとリビングを
          つなぐ回廊式動線となっており機能性を重視したコンパクトな設計になっています。

建築概要
所在地     群馬県舘林市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供1人 竣工    2009年3月
敷地条件  市街化調整区域 敷地面積  203.45u(61.54坪)
道路幅員  南側 8.2m 1階床面積  45.82u(13.86坪)
設計者     島田博一建築設計室 2階床面積  44.17u(13.36坪)
施工者       (有)阿部工務店  延床床面積  89.99u(27.22坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.