HOUSE- HHS

ガラスアトリウムとリビングガレージを設け中庭で分離した2世帯コートハウス      

                                                 

2008.08
                                                                                                                                      栃木県佐野市
                                                                                                      設計・監理
島田博一建築設計室
゙ルバリウム鋼板・アルミパンチングメタルとラムダサイディングの外観
北側からの外観
駐車場から2世帯を見る。建物中央は玄関ポーチと両世帯を繋ぐブリッジ。
     
        玄関ポーチとブリッジ                                         2階テラスからガラスアトリウムを見る     
ウッドデッキ張りのコートからガラスアトリウム(リビング)を見る。 既製品のアルミサッシ加工でカーテンウォールにする。
    
           外部ブリッジからアトリウムを見る                                   外部ブリッジからコートを見下ろす 
コートに面してガラススクリーンの開放的なアトリウム(リビング)
リビングからコートを見る
   
       FRPグレーチングの階段                                          FRPグレーチングのブリッジ
キッチンからリビングガレージとコートを見る
2階テラスからコート夕景を見る              
ダイニングからコートとリビングガレージを見る
     
                             モノトーンで統一したダイニング                                         ステンレスHLのオリジナルキッチン
リビングからコートとアトリウムを見る
  
                ラセン階段下を見上げる                                エキスパンドメタルのラセン階段
コートからアトリウム夕景を見る
カウンターテーブルになっているダイニンクキッチン
キッチンからリビングとコートを見る
    
          リビングからコートとアトリウムの夕景を見る                                ラセン階段からリビングを見る    
   
         トップライトで明るく開放的なサニタリー                                    エキスパンドメタルのラセン階段
          敷地は閑静な住宅街の中にあり、南側と西側に市道が通る角地です。道路側からの視線と
          プライバシー確保を考慮し、建物は外側に閉じ内側に開いた空間構成にしました。

          建物形態はコートを介した東西完全分離型の2世帯コートハウスです。

          1階部分を「城壁」のような白い大壁で覆いできるだけ最小限の開口部とし、その囲い込ん
          だ中央部分に中庭(コート)を設けました。コートの廻りにシルバーに輝く直方体の3つの
          個室ユニットを設け、そのユニット間を全面ガラスで囲ったガラス箱のアトリウムを挿入し
          ました。コートの西側ゾーンは子世帯住居、東側ゾーンは親世帯住居としてそれぞれ個別
          独立した構成となっています。

          また、建物全体としては両世帯間がコートを中間領域として介在させ、お互いのコミュニ
          ケーションを形成することがテーマの一つです。
          西側ゾーンは吹抜けで2層になったガラス張り空間のリビング(アトリウム)を生活の中心
          として構成しました。ガラス張りのアトリウムはコートと連続することで屋外的な明るさと
          開放感を備えたトポロジカルな領域として認識されます。

          また、ダイニングキッチンとリビングガレージが接続することで空間に“場所性”が発生し
          ます。東側ゾーンも吹抜けのガラスで囲われたリビングとコートに面したプライベート
          ルームを中心に構成しました。リビングには透過性のあるラセン階段を設け、ロフト風の
          プライベートルームにアクセスできます。
建築概要
所在地     栃木県佐野市 構造      鉄骨造2階建
家族構成  2世帯 竣工      2008年8月
敷地条件  第一種低層住居専用地域 敷地面積    472.10u(142.81坪)
道路幅員  南側・西側 6.0m 1階床面積    176.50u( 53.39坪)
設計者        島田博一建築設計室 2階床面積    65.93u( 19.94坪)
  施工者        大森建設株式会社  延床床面積   242.43u( 73.33坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.