HOUSE- IA

格子天井のLDKを設け、片流れ白箱と木製バルコニーで構成した開放的住宅

                                                 

2006.10
                                                                                                                          茨城県古河市
                                                                                                                               
                                                                                                                             
設計・監理
島田博一建築設計室
片流れの白箱と木製バルコニーが特徴の外観
  
             玄関夕景                     道路側から見た外観夕景
リビングからダイニングキッチン・階段を見る。天井格子から光が漏れる。 
キッチンからダイニングと和室を見る
  
     階段からリビング・バルコニーを見る                 リビングに面した和室 
和室からリビングを見る。造作収納はシナ合板。
  
  多目的スペースのカウンター              壁面収納扉は有孔シナ合板 
アイランド形式のキッチンシンクからダイニングと和室を見る
ライティングしたダイニングキッチン
階段ホールからダイニングキッチンを見る。
 
  カウンターデスクを設けた2階多目的ホール         トップライトで明るいタイル張りの浴室  
スサ入り珪藻土と琉球ダタミの和室。押入扉はオイルステン仕上げ。  
  
                階段と格子天井との取り合い                 キッチンからバルコニーを見る
シンプルな白箱と目隠しを兼ねた木製バルコニーで構成した住宅です。外壁はサイディング吹付けとガルバリウム鋼板。1階はワンルームで構成。空間は"憩いの場"、"食事の場"、"寛ぎの場"としてそれぞれの使用目的に合わせた造作家具を配置し、すべてをオープンにすることで領域的にあいまいな空間に設定しました。その時の気分により各領域は重層したり伸縮します。

"憩いの場"はTV収納から階段まで延びる格子天井の領域です。TVを見たり談笑したりする場です。"食事の場"はオープンキッチンのカウンターを中心とした領域です。家族がカウンターに集まり自然に食事ができる雰囲気となっています。

"寛ぎの場"はタタミを敷き詰めた領域です。ここでは寝転んだりTVを見たりすることができます。格子天井に繋がる階段を上ると多目的な用途で使用する領域にでます。集成材のカウンターを設けユーティリティやPC使用が可能です。
建築概要
所在地    茨城県古河市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供2人 竣工    2006年10月
敷地条件  第一種中高層住居専用地域 敷地面積  150.27u(45.45坪)
道路幅員  西側 4m 1階床面積  62.93u(19.03坪)
設計者     島田博一建築設計室 2階床面積  50.72u(15.34坪)
  施工者        山中建設工業株式会社  延床床面積 113.65u(34.37坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.