HOUSE- TT

白いキュービックな箱中に通り庭を通し、外部・内部空間を混在させた都市型住宅

                                                  

2006.04
                                                                                                                                        茨城県守谷市
                                                                                                                                設計・監理
島田博一建築設計室
ジョリパットとガルバリウム鋼板・FRPグレーチングの外壁
     
                        FRPグレーチングの外壁スクリーン                                           2階テラス                              
前面道路からの景観
    
       路地状の通り庭                        道路側からの夕景
吹抜けのダイニングキッチンから通り庭を見る
  
                 通り庭の夕景                    コンクリート目地切りの通り庭   
住宅の中央に位置するキッチン。キッチンはステンレスHLオーダー品。
キッチンから通り庭の階段を見る。向い側はサニタリー。
2階ホールからダイニング・キッチンを見る。換気扇はハイキエース。
壁面収納・ダイニングテーブルもオリジナルデザイン
タタミスペースからダイニングキッチン・リビングを見る。床レベルは3段階に設定している。
  
                         FRPグレーチングのオリジナル階段                           通り庭から玄関を見る       
リビングからダイニング・キッチンを見る
リビングからダイニング・タタミスペース・通り庭を見る
LDKと連続したタタミスペース。床の間と収納はシンプルなデザイン
     
           リビング吹抜け                                          サニタリーのオリジナル洗面器                      
  
                              浴室からバスコートを見る                                        二列型のキッチンシンク
手前は吹抜けに面したパイン縁甲板の子供室。吹抜けの向い側は主寝室。
     
  2階ホールのカウンターデスク                    吹抜け上部の化粧ラーチ合板壁面と折戸、上部はトップライト 
    
                 スチールとFRPグレーチングで構成した階段                                      2階ホール
キッチンシンクと連続したダイニングテーブルはワイヤーケーブル型照明を設置
    
               通り庭の玄関側から見た夜景                                  2階ホールから子供室を見る
グランドピアノを設置したリビングダイニング
        敷地は新興住宅地内にあり北西側に前面道路がありますが、その他はすべて隣家に囲われ
          ています。住居環境を快適にするためにプライバシー確保と日照・採光の効果的な利用が
          できるように建物の断面構成に工夫して計画しました。

          建物外観はシンプルな白い箱と半透過性スクリーン(FRPグレーチング)で構成し、
          外壁はジョ リパットコテ塗り・ガルバリウム鋼板・FRPグレーチングのコラボレーションで
          す。内部空間は大きな白箱の居室とサニタリーの小箱、その間を貫通するコンクリート土間
          の『通り庭』で構成しました。ここは、人と光が通る道となっており、この『通り庭』は
          玄関から裏庭コートに伸びるガラス張りの明るい半屋外空間の中間領域になっています。

          『通り庭』に設けた階段もFRPグレーチングにすることで上部からの光の透過性を良くし
          日照・採光を効果的に室内へ取入れることができます。通り庭に面する白箱はピアノス
          ペース・ダイニングキッチン・タタミスペースが連続し、間仕切りのない2階フリースペー
          スを取り込んだ大きな吹抜け空間とも繋がっています。この連続した空間は床高さを微妙に
          変化させることで「場所性」を発生させます。
          居住空間の中央にオープンキッチンと収納スペースを集中させ、ここからすべての屋内空
          間が見渡せるようになっています。ダイニングテーブルを接続したオープンキッチンはファ
          ミリースペースのような家族のコミュニケーションの場としての機能も備えています。


        サニタリー(浴室・洗面所・トイレ)はトップライトを設けた連続する一室空間となって
          おり、浴室と連続したバスコートで植栽を楽しむことができます。 2階は主寝室と子供室、
          カウンターデスク付きの多目的アルコープ、テラスで構成しました。主寝室と子供室は吹抜
          けに面して 開放的な空間になっています。
建築概要
所在地    茨城県守谷市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供2人 竣工    2006年4月
敷地条件  第一種中高層住居専用地域 敷地面積  214.50u(64.88坪)
道路幅員  北側 6m 1階床面積  70.38u(21.28坪)
設計者        島田博一建築設計室 2階床面積  44.71u(13.52坪)
  施工者        山中建設工業株式会社  延床床面積 115.09u(34.81坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.