HOUSE- SNT

リビングと連続するアウトドアリビングテラス、離れの和室を設けた開放的な家

                                                        

2006.02
                                                                                                                                            栃木県さくら市
                                                                                       
                                                                                                                       
設計・監理
島田博一建築設計室
片流れの白箱と木製バルコニーが特徴の外観
  
  セランガン・バツ張りのテラス               東側から見た外観
スチール階段とブリッジが見えるリビング
キッチンからダイニングと和室を見る
吹抜けのリビングからコートを見る。コート板塀はキシラデコール塗り。
  
   リビングからキッチンを見る          吹抜け上部のブリッジ。壁面は化粧ラーチ
リビングテラスからLDKを見る。板塀がリビングへ伸びる。
   
      ダイニングからリビングを見る                        大谷石張りの壁面とキッチン           
                     オリジナルのキッチンキャビネット(米松リブ材)は収納になっている
   
 吹抜けに掛かったブリッジ             開放的なLDK(床暖房付)と階段 
板塀で囲われたリビングテラスの半屋外空間 
   
    ロフト付の子供室               子供室の折戸は化粧ラーチ壁面と面一納まり
     
             子供室からリビング吹抜けを見下ろす                玄関収納とウィンドウ
   
                          縁なしダタミと吊押入れの和室                                      LDKとは廊下でつながる
L型に組んだ二つのブロックとスリット的な半屋外空間で構成した住宅です。それぞれの構成ブロックはガルバリウム鋼板・ジョリパットコテ塗・板塀の3種類の外壁材で構成しました。パブリックゾーンのLDKと多目的要素を持つタタミ敷き離れを坪庭を介して廊下で結び、それぞれの空間にアウトドアリビングの半屋外空間を接続させました。

吹抜けを設けたLDKはアウトドアリビングを構成している板塀・ウッドデッキとつながり空間の拡張を容易にしています。ここは子供の遊び場になったり、バーベキューや日光浴を楽しむことが出来ます。
LDKはスチール階段とオープンキッチン・壁面収納で構成し、ここからサニタリースペースに直接出入できます。キッチンは米松リブ製の収納で囲い、大谷石張りの壁面とステンレスレンジフードでシンプルにデザインしました。

和室は離れ的な要素を持ち、坪庭を通ることで心理的な安らぎを得ることが出来ます。天井は葦クロス張り、襖デザインはオリジナル。
2階は主寝室と子供室で構成しました。それぞれの各室はLDK吹抜けに面し、1階とのコミュニケーションが取りやすくなっています。屋根勾配を利用したロフトを設けました。
建築概要
所在地    栃木県さくら市 構造    木造2階建
家族構成  夫婦+子供1人 竣工    2006年2月
敷地条件  市街化調整区域 敷地面積   264.51u(80.01坪)
道路幅員  西側 8m 1階床面積  75.77u(22.92坪)
設計者        島田博一建築設計室 2階床面積  48.85u(14.77坪)
  施工者        上藤建設株式会社  延床床面積 124.62u(37.69坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.