HOUSE- A

ボックス空間と中央コートが一体化され連続するローコストな都市型コートハウス

                                                  

2003.12
                                                                                                                            栃木県宇都宮市
                                                                                設計・監理
島田博一建築設計室
ガルバリウム鋼板とブラックサイディングの北側外観
    
                             外観夕景                    隣地側からコート板塀を見る
 
                    通路からコートとつながったリビングを見る                            リビングからコート夜景を見る 
子供室への階段とシンプルデザインのオープンキッチン
 スチールトラス階段とオープンキッチンの構成。ダイニングはカウンターキッチンを採用。
   
                     リビング吹抜けとコート                                           キッチンからリビングを見る  
キッチンからリビングとコートを見る。ハイサイドライトから明るい光が入る。
   
              オリジナルのスチールトラス階段                                    リビングダイニングの吹抜け       
 
 子供室のカウンターデスクと収納棚                            2階子供室からコートを見下ろす      
   
       子供室からリビングを見下ろす           子供室はロフト風で間仕切り壁はない
   
              トップライトで明るいサニタリー空間                              通路からオープンキッチンを見る
 
                        子供室から階段とリビングを見下ろす                             サニタリー空間のライティング 
建物形式は外側に閉じて内側に開いたコートハウスとしました。日照を確保しやすい北側をリビングダイニング、キッチンなどのパブリックゾーンとして配置し、西側に寝室を配し南側を浴室・トイレ・洗面所のサニタリーゾーンで構成しました。この3つの生活ゾーンに囲われた中央部に住宅のキーワードともいえるコートを設けています。
日常生活の中心となるリビングダイニングは開放的な吹き抜け空間となっていてロフト感覚の2階子供室とつながっています。さらに、コートとつながって22帖の明るく快適な空間になっています。
浴室・洗面所・トイレは1個のボックスにサニタリー空間として収納し、プライバシー確保のためトップライトを設けて明るく快適な空間になっています。
建築概要
所在地    栃木県宇都宮市 構造    木造2階建
家族構成  母+子供1人 竣工    2003年12月
敷地条件  第一種中高層住居専用地域 敷地面積  128.94u (39.00坪)
道路幅員  北側 4m 1階床面積  49.82u (15.07坪)
設計者        島田博一建築設計室 2階床面積  17.62u ( 5.33坪)
施工者        上藤建設株式会社 延床床面積  67.44u (20.40坪)
一級建築士事務所   島田博一建築設計室
copylight @2002-2011  hirokazu shimada  architect & associates all right reserved.